ショートからロングヘアを目指す!髪型でイメージを変える!

現在ボブヘアなので、お手入れもしっかりしないと、はねてしまったりします。
洗髪後は洗い流さないトリートメントオイルを満遍なくつけ、
ドライヤーをすると、べたつかず、朝も落ち着いたヘアスタイルで、
面倒なハネがないので欠かさずつけてます。
また後頭部が丸くなっていないので、乾かしながらローリングのブラシで
丸くして、半乾きにせずしっかり乾かした方がしっくりきます。

子供の頃からショートカットヘアでした。七五三もショートで過ごし、
ボブになったのは20代後半ぐらいからです。
顔が丸いので頬あたりがカバーできるヘアスタイルになりたく、
ショートカットが長かったせいで、最初は耳にかかる髪が
切りたい衝動に何度もかられ、結局ショートカットになることの
繰り返しをしましたが、ようやく顎のラインまで髪が伸びて来たので、
やっとボブまで来ました。

過去にショートが少し伸びかけでパーマをゆるくかけましたが、
ゆるいパーマはすぐに取れてしまい、
もともと直毛なので、それ以降はパーマはしていません。
カラーリングも赤みが出ない髪質なので、
オレンジ系や赤茶などのカラーリングをしても、色がはっきりでないので、
アッシュ系の色に抑えてます。

毎月行く事がないので、色々美容院をかえたりしています。
大体が渋谷駅近辺の美容院を選んでます。
カットとヘアカラーで2時間半ぐらいかかるので、
駅が近いところが多いです。
言葉だとなかなか上手く伝えられないので、
雑誌やネットで気に入ったヘアスタイルを携帯で保存し、
こういう髪型にしたいです。とはっきりオーダーしています。
自分の輪郭とかけ離れたものではなく、骨格など大体私自身と
似ている雰囲気の中から選んでいます。

ロングヘアはやってみたことがないので、今も定期的に伸びた髪を整えてもらいつつ、
ロングを目指している最中です。
人よりもかなり髪が伸びるのが早いとスタイリストさんから伺い、
髪の量も多いので、伸びかけの髪もしっかり自宅でトリートメントなど、
ケアをしたほうがいいとのことですので、自分なりにネットで調べたりして、
髪が傷みすぎて伸びたのに切られてしまうのも勿体無いので、
スタイリング剤やケア用品も調べています。
ロングヘアに落ち着いたらアレンジをしてみたいのでこちらもリサーチしています。
前髪がないボブが続いているので、前髪をつくることも些細なことですが、
私的には大変冒険のあることです。
ヘアスタイルが変わると、同じ洋服でも雰囲気がかわるので今はじっと
髪が長くなることのイメージを膨らませている最中です。

過去の事は忘れろ!誰しも思い出したくない過去があるもの

今の時代は様々な事が問題となってしまって、自分に自信を無くしてしまう人も多いと思います。自分だけと考えている人もいると思いますが、人間誰でも過去の事を考えたり、思い出したくない出来事はあります。
人間関係がうまくいかない、生きていたも楽しくないなど人それぞれ悩みを抱えているのです。しかし、そんな中で、色々な考え方を知る事、世界を知ることにより、解決に導く事が出来ます。
過去に辛い経験をしている場合には、それを引きずってしまう傾向にあり、前に進む事が出来ないという人もいますが、過去をすぐに忘れた方が良いと言われた場合でも無理ですよね。
忘れろと言われて忘れる事が出来る場合には、何の悩みも抱えることなく過ごしていく事が出来るという事です。しかし、過去を忘れないにしても、1日1日を過ごしていく為には、辛い気持ちになってしまう事から視点を変えてみましょう。
昔のことを思い出すと辛かった。大変だったと自分はこんなに苦労してきたと感じている人も多いと思いますし、自分は、小さい頃から嫌われているという人も、自信がなくなってしまい、人と会話する事が苦手で、人前に出る事も出来ず、様々な思いがあると、自分でマイナスな部分となってしまいます。
実際に、昔は様々な事があり辛かったかもしれませんが、人間は成長することにより、色々なことを学んでいきます。昔よりもたくさんの知識や知恵を学んでいきます。
その中で、自分が成長することで、昔の自分と今の自分は変わっているという事を理解する必要があり、過去の事を考えるのではなく、これからどのような自分で過ごしていくかという事が重要な問題となってきます。
過去に失敗したことを成長してやっても失敗してしまうというわけではありません。大事なことは、失敗しても挑戦するという気持ちを持っていく事です。
人間は誰でも、生きている間、幸せ日々を過ごす事が出来るものではありません。実際に、自分が過去にスゴイと感じているひとだって、逆にトラウマを抱えていたり、問題を抱えているというケースも少なくありません。
今の自分を見つめなおすことにより、これからの自分がどのように成長していくかという問題を見つける事が出来ると思います。私がいつも感じる事は、私も7年前に旦那が仕事で事故をしました。
その中で、6歳と3歳の子供を実家にあずけぱなっしで、旦那の介護をしました。実際に6日間寝たきりで、意識を戻すかどうかという事も期待する事が出来ず、意識が戻っても、私たち家族の事を覚えていないかもしれないという事態でした。
しかし、無事に意識が戻って家族の事を覚えていて、今では、普通の生活を送る事が出来るようになっていますが、その時は、なんで自分だけと考えました。
幸せに生まれて、それまで何の苦労などもなく、過ごしてきた自分でしたが、その時に初めて感じた事です。子供と離れて40日間初めてで、凄くつらかったです。
でも、そのことがあって、家族の絆も深まったような感じなので、その経験は私たち家族にとっては良いことだと今は思えます。
私が住んでいる場所は、離島という事もあり、ヘリコプターで島外の病院へ搬送された時のことを考えると、いまだにゾッとしますが、実際に亡くなってしまう人もいると考えると生きててよかったと思えます。
小さいころの記憶は、子供たちにも残っていて、子供二人もまた、両親がどこかに行ってしまうような気持ちを持っているのも事実です。しかし、それを埋めてあげるように私たち夫婦は努力しています。
成長するにつれて、娘が旦那を避けるようになりましたが、あの時のようにお父さんいなくなっても大丈夫?と聞くとそれは嫌だというので、今では、そうよね。と子育てをしながらも大事なものをしっかり見つめなおす事が出来るので良かったと思います。
過去の辛いことがトラウマになったりする事もありますが、毎日が楽しくないわけではありません。辛い事があるから、嬉しい時に思いっきり笑う事が出来ると思うし、嬉しい事があるから、辛い時を乗り越える事が出来ると思います。
ニュースなどを見ると様々な事件などに巻き込まれてなくなってしまう人もいますし、自分が必要ないと考えるのではなく、必要とされる場所を見つけることにより、自分の居場所を見つける事が出来ると思います。
辛いことばかりを考えていると、実際にそんな方向で進んでいきますので、楽しいと考えながら過ごす事が何より大切です。楽しいと感じる事が多くなるように、自分が得意なことにチャレンジしてみましょう。
それがだめでも、次のチャレンジをすることにより、本当の自分を見つける事が出来ると思います。人の目を気にするのではなく、先に自分に誰にも負けないことを見つけることにより、少しずつ自信を持つことが出来ます。
人間関係にしては、自分だけがこの人嫌いと思っているのではなく、周りがこの人に合わっせていると感じることにより、逆に相手の方がかわいそうな人だと思えるようにもなってきますよ。